2009年10月20日

総務省政務官

テレビで総務省の小川淳也政務官の特集がありました。
38歳で同じ年齢でした。
特集の内容は官僚とのやりとりが中心で、かなり細かなところまで踏み込んで官僚に対して指示しているなという印象でした。
「官僚主導」から「政治主導」へ。
100年以上続いた官僚主導を政治主導に切り替えることは大変なエネルギーが必要だと思います。
いずれにしても日本国民の幸福のために頑張っていただきたいと思います。


posted by fukafuka at 23:18| 山口 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

島根旅行

島根旅行 8月31日(金)〜9月1日(土)1泊2日
夏休みの最後に家族で島根に行きました。
1日目は、アクアスに行きました。
下の子は、大きな魚を見て大喜びでした。上のお姉ちゃんも喜んでくれました。
白イルカのショーではバブルリングを見ることができました。
この後、隣接するアスレチックで遊びました。子供たちは水族館よりも楽しそうに遊んでいました。

2日目は、まず、松江城に行きました。子供たちは興味を持ってくれたかな?
その後、宍道湖沿いを出雲空港までドライブしました。「湖」は河川の一種になるのかな?看板に一級河川の表示がありました。
出雲空港では、小型ジェットを見ることができました。
子供たちにとっては、こんな近くで飛行機を見たのは初めてでした。
下の子には、飛行機のおもちゃをおみやげに買ってあげました。しっかり遊んでくれよ。
次に「出雲大社」に行きました。「しめなわ」(?)にお賽銭を投げ込みました。嫁さんだけぐさっとささりました。
子供たちは喜んで何回もチャレンジしました。
ここでは、「出雲そば」を食べました。上のお姉ちゃんだけうどんを食べました。
旅の最後に「石見銀山」まで行きました。
龍源寺間歩という現在唯一公開されている洞窟(?)に行きました。
手彫りであること、豊かな自然の中にあること、このことが評価の高いポイントであるそうです。

今回の旅行は、夏休み最後の思い出に行ってきました。
子供たちには、あまり面白くない場所もあったかもしれませんが、将来の記憶の中で出てきてくれたら、そして、いろんな興味の源になってくれるとうれしいです。
また家族でどこか行こうね。

posted by fukafuka at 15:31| 山口 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

サンフェスタ新南陽

8月4日(土)
33回目のサンフェスタ新南陽が開催されました。
若い職員のエネルギーとベテラン職員のエネルギーが結集され、気持ちが1つになりました。
市役所の元気を力強く発信できたのではないでしょうか。
この気持ちを仕事にも存分に生かしていきたいものです。

今日は、朝9時から「もみ太鼓」を作成しました。
その後、昼から1時間30分ほど軽くJOGをしました。
汗を存分にかいたので、夜はアルコールをどんどん吸収できました。

ところで、今月は、RUNの400K越えを狙います。

8月1日(水)JOG10K
  2日(木)JOG10K
  3日(金)通勤RUN往復12K
  4日(土)JOG18K 1時間30分

※今日のサンフェスタ新南陽で今年の参加予定の祭りは終了しました。
7月28日(土)は徳山夏まつり。7月30日(月)は鹿野天神まつり。
鹿野天神まつりは、特に印象的なまつりでした。
山口県は「住みよさ日本一」を目指しています。
県民力、地域力を高めることが必要です。
そのために、2001年の「きらら博」、2006年の「国民文化祭」、そして、2011年国民体育大会が開催されます。
しかし、私が感じたのは、鹿野天神まつりに参加していた地域の若者のエネルギーの結集こそ、県民力の向上の源だろうなと感じました。
そして、市役所の職員に必要なのは、こうした地域の方とふれあい、この地域のエネルギーをいい方向にもっていくことだろうなと思いました。
最後に、来年も各地域のまつりに参加し、いろいろな方とコミュニケーションをとりたいと思います。
posted by fukafuka at 22:59| 山口 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月30日

IRONMAN JAPAN2006

さてさて、随分間があいたけど、当日の話を聞いてちょうだい。

・5月28日(日) アイアンマン当日
一般の方には理解不能だと思うけど、朝3時起床、4時には朝ご飯を食べた。いつになく、腹ごしらえを入念に行い、何杯ご飯を食べたのかさえ覚えていない。いよいよだ。こんな緊張した気持ちと今日で終わっていまうという寂しさが交差してた。記録よりも完全に記念的イベントになっていた感さえしていた。7時スタートではあったが、会場まで歩きのため、5時過ぎにテクテク歩くことにした。相部屋の2人と同じ宿の東北大学から参加の学生(彼は初めてのアイアンマンらしく緊張していた。しかし、後に結果を見ると早いではないか。)と緊張を和らげながら、決戦の地へ向かった。

6時過ぎに到着し、受付を済ませ、BIKEの最終チェック及びRUNの準備を済ませその時を待った。

軽快なDJで幾分気分が和らぐが、時間までの変な緊張感におそわれる。そして、ウェットスーツを着て入水へ、寒さは感じなかった。無難にスイムを終わらせよう。バトルを避けたい。みんな前を見て泳いでねという感じだった。

いいよその時がきた。位置どりは本当は前に行きたかったが、後ろから数えたほうが早いくらいの位置どりだった。

目標は1時間7〜8分に置いた。自分の1500Mの記録(短水路 23分20秒)とショートの記録からこれぐらい妥当かなと思っていた。

スタートして、前をさばきながらバトルを避け、前に人の足が近づけば方向を変え無難にスタートした。波も高くなく、いけるかなと感じた。しかーし、そう思ったのもつかの間、こっちは遠慮し、前をよけ紳士な態度で泳いでいるのに、たぶんほとんどの人がそんなこと思わずに前進し続け、人の足に触れてくる。僕には許せない行為だ。リズムが狂い、精神的に動揺が始まり、進まなくなった。けっして早くはないが、水泳経験があるので多少は自信がある訳だが、やはり海では相当図々しい泳ぎをしないとダメなんだなと感じ怒りで完全に戦意喪失した。

3.8`の1周回目は33分でのおりかえしだった。単純に倍して遅くとも1時間10分ぐらいかなと思った。残念。ここから試練を浴びることは、このときには知るよしもなかったわけだ。

振り返れば1年ぶりの海入水、妙に寒気を感じ始めた。何か体が温もらず、言うことをきかない。どんどん後方から抜かされ、俺もしかしたらビリかなと思えるぐらいそれぐらい抜かされた。当然1周目よりも何倍もその距離が長く感じられた。早く陸にあがりたい。適度に大会に参加し、海でも泳いでおくべきだったと後悔した。

2周目はなんと48分かかった、トータル1時間21分。最低だ。陸にあがってもぶるぶる震えがきて、たぶん低体温でまったく運動能力が低下し最悪だったんだと思う。

このとき、順位は250位ぐらいのようだった。


この続き、BIKEはまた改めて。
posted by fukafuka at 20:12| 山口 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月04日

IRONMAN JAPAN TRIATHLON 2006

ついに念願がかなった。アイアンマン出場。13時間54分12秒。いろんな想いが交差しGOALできた。ありがとうアイアンマン。

・5月25日(金)出発の日
まさに遠足に行く我が子のように出発。月曜日から入念にCHECKし準備万端でも何か不安がつきまとうよねこれが。日常生活はまさしくTAKE IT EASY の僕でも こと自分の趣味トライスロンになると異常に神経質に取り組んでいる。(嫁さんいわくこれがらい育児に参加しろ!てな具合だ。)しかし、アイアンマンにかけてきた経費(つまり小遣い)を考えると無駄にする訳にはいかないのは当然だ。
朝7時 気合を入れて愛車サーフで出発。いつものように、徳山西インターで高速にのる。思いおこせば、2003年5月の指宿(確か一般の部50位くらい)、2003年7月の長崎大島(確か一般の部25位くらい)、2003年8月の筑後川(確か一般の部48位くらい)、そして2004年の天草(無念のパンク)、それからそれから2005年のモンスターマン五島(こらは確か40位くらい)といずれも高速道でここからのスタートだ。
他人から見ればよくもまあ車でいくよねていわれたものだ。自分では、割とこの移動時間が気持ちが高ぶり好きなんだよね。
今書きこみしながら思い出しました。今回は高速からスタートしてねえや。すみません。経費節減と思い、小倉から乗ろうと決めスタートしたのでした。
思い出した!そのせいで、フェリーの時間にあやうく遅れそうになったんだ。危なかったんだよね。いやー、こういうときは、経費節減なんて思うもんじゃありません。ちょうど通勤ラッシュとかさなり、なんと進まない、進まない。すべての人が悪く思えたんだ確か。本当に自己中心的。小野田であせって急遽高速に乗り、そこから一気にせめて見た。(警察の方すみません。)これぐらい、BIKEでせめてみたい。これなら6時間切りだよと、変な興奮状態が続いた。
さてさて、ようやくなんとかフェリーに搭乗することができた。意外に少ないだよね。これなら、宅配でBIKE送らなくてもすんだんじゃねーの。と疑問に感じながら長い道中眠りにつく。眠い(睡眠)

ところで今回、本当にこのために練習を重ねてきたのだが、トライスロンをはじめる前ぐらいからずっとRUNの調子が悪いのと、SWIMは割りと自信があるのに、なぜかあの人ごみに埋没する自分と、寒さにめっぽう弱く毎回震えがくるこんな状態が続いて、しかも、木曜日まで毎日残業で夜10時、11時、1時間の通勤を含めるとそうとうなものだけど、こんな弱気な精神状態で、職場の人によく出るね〜と言われながら、でも「アイアンマン」になるこの気持ちが出場意欲を支えてくれた気がする。てなことはどうでも言いのですが、完走は絶対しないと、嫁さんに叱られるちっ(怒った顔)(今後トライスロンに出場する理由がほしい。結果を出す。)、職場の上司を含め応援してくれたのに、リタイアできねーよなと最後まであきらめない、あきらめない、これはまた後でレース報告で書きますが、重要なキーワードになります。「最後まであきらめない」手(チョキ)

長い話につきあっていただきありがとうございます。
ということで、アイアンマン1日目はこんな感じでのスタートでした。

遠征での楽しみ、民宿の相部屋の方とのコミュニケーションも今回は楽しかったですね。僕も含めて3人でした。

まず最初に会ったのは、武友選手、29歳、10年前はエリート選手でジャパンカップ、アジア選手権にも出場し、あの竹内鉄平選手とも激しく争ってきた選手です。童顔で丁寧な口調からは想像できませんでしたね。しかも、聞けば、1ケ月前の宮古島に出場し、17位と健闘され、今後LONGで是非世界を相手に戦ってほしいものです。そのときは、気軽に話しができるといいな〜。
さて、もう1人は、広島県の池田選手、この方も初アイアンマンらしかったが、いや初めてにはみえず、妙に落ち着いていた気がする。話を聞けば、小2、小1、あと幼稚園に通う3人の子を持つスーパーお父さんではないか。僕なんか2人だけど、3人だとトライアスロン自体続けることができねーと思いますね。感心!スゲー。
こんな2人と何か初めて会った気がしないような雰囲気で無事1日を終え床についたのでした。眠い(睡眠)

・5月27日(土)
さあ、いよいよアイアンマン前日だ。と、元気に起床となった。
朝ご飯、いやーしかしみんなよく食うよ。これがもしかしたらここ何年間の不調の原因かな、というのは食事がトレーニングの割に僕の場合少ないのじゃないかと思った。この人たち普通に4,5杯飯食ってるよ、まけずに3,4杯食べてみた。かなり苦しかった。やっぱ食だよね。いい選手はよくたべると、どのスポーツでも言うもんね。少食にもかかわらず激しいトレするから、実は貧血なんだよね、献血できないんだよね。これが不調の原因だと思う。トレーニングをしてもしても結果が下降気味なのはこのせいだよ。
今回は、とにかく完走し、終わったら一から体づくりと食をメインに考えしっかり食べよう。

すみません話がまた長くなりましたが、朝9時に競技説明会に出席した。いよいよだなと気持ちが高ぶってきた。でももう何しても一緒だよなとひらき直ってみる。

昼の2時過ぎにBIKEを預託しにSWIM会場までGO。いや〜ほんとに似たもの同士というか、よくもまあこれだけ変人が集まるものだなと感心した。自分がノーマルにみえる。異常だよこんな世界。一般人には受け入れられないよ。

ということでBIKEを預け準備万端宿舎に帰った。
さて、ここからは、明日何時に起きて、だから今日は何時に寝ようか、シュミレーションに入った。3時起床、4時朝飯、5時宿舎出発、7時アイアンマンスタート、ということは、夜8時から9時に寝たいところだ。

時間が刻々と過ぎ、シュミレーションでは寝る時間の9時になった。朝3時おきなんて普通じゃねーよ。なんでこんなことをと時々思いながら、調度睡魔が襲ってきた。よしラッキー。迷わず床につく。順調な出だしだった。ところが携帯の音がちらちらと聞こえてくる。なんと、池田選手、お子さんからのラブコールだとか、パパ死なないでなんて言われていたみたい、羨ましいよ、俺もかけてきてくれねーかなと密かに思った。でも僕よく考えれば、携帯の充電が切れてたんだよね。情けない。いつもどこか抜けているのでした。

ということで寝れないどころか、ぐっすり3時まで熟睡できました。
とても長い話になったのでレース報告は後日。手(パー)











posted by fukafuka at 22:59| 山口 | Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

GWマゾトレ

4月29日(土) BIKE 家〜徳地〜大原湖〜ルート9〜鹿野〜高瀬〜家
         5時間 total120k
4月30日(日) RUN 15K
5月 1日(月) 休息日
5月 2日(火) SWIM 3K
5月 3日(水) BIKE 家〜徳地〜大原湖〜ルート9〜十種ヶ峰キャンプ場            〜鹿野〜高瀬〜家
         6時間 150K
5月 4日(木) RUN 15K
5月 5日(金) RUN 15K
5月 6日(土)  BIKE 家〜徳地〜大原湖〜ルート9〜十種ヶ峰キャンプ場
            〜鹿野〜川上ダム〜家
         6時間 140K
5月 7日(日) RUN 15K

BIKEはまずまず納得のいく練習が出来た。6日の後半は突風、向かい風で苦しんだ。5月28日に向けてひとまず良い練習ができた。
休むどころかハードに過ごしたが、精神的にはとても充実したGWだった。
明日から仕事がんばるぞ。
 
posted by fukafuka at 20:07| 山口 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月01日

人事異動

3月はまったくトレーニングができなかった。
4月3日(月)からは新しい職場でがんばることになりました。
環境が変わりどうなるんだろうと思いながら迎えます。
今週は、ゆっくり引き継ぎもする暇がなく、事業の一番大切な時期で手がはなせずもうげっそりしています。
なにか理不尽さを感じながら、どうも納得がいかず、ゆっくりできる人がいるのに、なんでだと心で発狂しながら、上手に生きていく人が勝つのだなと思う今日このごろ。でも、気持ちは絶対許せないけど、まあ人間いろいろということで、すませよう。
来週も飲みを乗り切って勢いで行こう。がんばるぞ。
posted by fukafuka at 22:59| 山口 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

休むのも練習?

なぜか忙しい。練習時間を見つけないと。
精神的な疲れは練習意欲を無くさせます。肉体的疲労の方がまだましだ。
ということで、ストレスって何?と感じた事のない自分が、「あっ、これはストレスかな?」
と思える瞬間が妙に最近多い。時々、頭痛までしてしまう始末。
take it easy 気楽に行こう!
いざ、アイアンマンin五島へ
posted by fukafuka at 19:31| 山口 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月09日

成人式

「冠婚葬祭」の「冠」は成人式を表すらしい。ある番組でのクイズの答え。

あの頃何をしていたのか、しだいに思い出せなくなっている。寂しい。

特に思い出すこともないくらい、「時間」を無駄に使っていた気がする。

今とにかく時間がほしい。今の自分には、家庭、トライアスロン、仕事あっての人生

だ。忙しいを理由にすることなく、この一年、TMP(タイムマネージメント パパ)

という目標でがんばって行きたい。

娘と息子には、時間というものを、とにかく大切に、その1秒、その1時間、その1日

を大切に生きていってほしい。

娘が20歳になるまではトライアスロンを続けるぞグッド(上向き矢印)







posted by fukafuka at 22:42| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。